低山が良いので低山通い

 
おぉ、もう3月だって。早いなぁ…では久しぶりに近況を。

現在トレーニング代わりに通い続けている低山の山頂は標高614mだが、1,600~1,700m級の歩き易い山々が並ぶ阿蘇・九重・由布に通っていた当時、その低山にはほとんど寄り付かなかった。遥か大分県まで3時間以上(熊本なら更に1時間)かけてほぼ毎月せっせと通っていたくせに、自宅から車で15分も走ればすぐに登れる地元の山に行かなかったのは、標高が低いからとバカにしていたわけではない。

地元の山は駐車場の標高が約90m・山頂が614mなので標高差は524m。一方、やまなみハイウェイ沿いにある牧ノ戸峠という登山口を例にすると、登山口の標高1,333mから主峰となる久住山の山頂1,787mまでの標高差は454mでしかない(8月はそこすら登れなかった)。それでいて歩く距離は久住の方がうんと長いということは、狭い範囲で一気に高度を稼ぐ地元の山の方が、僕にとってはよっぽどキッツいのだ(笑)。

更に、木々が鬱蒼と生い茂る低山は展望の効くポイントが数えるほどしか無い。雑木林の間を縫う急な登り勾配・上り階段が続く薄暗い山道を、上見たってどうせ何も見えないからと下ばっか見てゼイゼイハアハア言いながら登るわけだ。

   



対する上記の九重牧ノ戸ルートには目ぼしい木立が少なく、歩行中はほぼ全域で360度の大パノラマ。僕にとっては人生初の山歩きの場であった九重連山は、ただ歩くだけではない+αの魅力に溢れており、通い詰める最も大きな理由はそれだった。

   


標高がこれだけ違うと、季節によって山の様子そのものが大きく異なる。駐車場からして既に標高が高い九重は真夏でも涼しいが、そこらの低山になると当然平地と大差ない酷暑の中を歩くことになる。それに加え、低山の春~夏は虫に悩まされるのが困りもの。虫って普通は昆虫を指すが、もうこの際だから蜘蛛やヘビも一緒くたに考える(笑)。

低山の細い登山道の両側に広がる雑木林だが、ジョロウグモなんかは雑木林の真っ只中ではなく、人の踏み跡がしっかり付いた登山道に堂々とデカい巣を張る。風の通り道になる登山道に巣を張っておけば、それに乗って獲物が飛び込んでくる確率が高いことを知っているんだろうな。ところが眼鏡族の僕はレンズに付いた汗で前がよく見えないことが多く、ほぼ毎回その巣に顔から突っ込んで 「うわーっ! やられたぁ!」 とか罵声をこだまさせるわけよ(爆)。

ヘビなんてもう夏の風物詩で、麓近くに川があるのでシマヘビや青大将ならいつでもどこでもハイまいどぉ。時には、皿巻いたハミ(方言で、“とぐろを巻いたマムシ” のこと)に出くわすことも珍しくなく、ちゃんと下も見てなきゃ危ないのだ。

秋になって涼しくなると奴等が居なくなってヤレヤレ…と思いきや、今度は猪や鹿がウロウロし始める。あの子ら寒い時期はエサを求めて麓近くまで降りてきてそこらじゅうを歩き回るため、体に付着していたダニが油断ならん。そもそも大きさや姿形が家庭で飼うペットとはちょっと様子が異なる(そらそーだ)こともあり、1人でトボトボ歩いている時にガサガサッ!とかいきなり目の前に現れたりすると、場所が場所だけに大層タマゲるんだこれが(笑)。

そんなこんなで標高の低い山って年間を通じて意外と気が休まらないので、それらから解放されるだけでも九重に逃げ込む意味はあった(蚊も居ないんだもん、そりゃ天国だ)。高い所で要注意なのは冬の寒さが麓とは比較にならないほど厳しいことだが、天候変化も含めてそれさえ心得ていればまるで別世界なわけ。

     ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ところがここ数ヶ月間地元の低山に毎週通い詰めるにつれて、その気になれば低い山でも案外楽しめることに少しずつ気付き始めた。

例えば歩きのリズムや呼吸法。『スピードを意識する代わりに要所毎でしっかり休憩 vs 歩みはゆっくり・休憩は最小限』 とでどちらが楽かを試すとか。前日どれだけ飲んだかを加味するのも面白く、例えば最近流行の9%ストロング酎ハイは、500mlを2本飲むと翌日エラい目に遭うので1本で我慢せんとイカンとかな、そういうことも絶賛お試し中(爆)。

食べ物に関しても、以前はちょっと遠くの山に行くというだけでついガスコンロ+コッヘルをセットで持ち出していたが、近場の山なら小型アルコールストーブ+果物でいいだろ…と思い付きで試したら、これが意外と功を奏した。前の記事でも書いた通り、軽食と水分補給を同時に済ませることが出来る果物を導入して以降、持ち歩く水の量を減らしても余ることが増えた。

   

そういうことを昔ならせいぜい月に1回しか試せなかったし、当時はなまじ体力があったので本気で考えなかった。再開後は落ちぶれた自分の体と相談しながらということもあり、毎週手を変え品を変え色々やってみると、それこそ毎回のように新発見があるので新鮮な気持ちで向き合えるのだ。

今はまだリハビリ途中なので登頂時間を一つの目安にしてはいるが、だからと言って闇雲にスピード・高過重を追求したところで、あの頃のパワーとスタミナが戻ってくるわけではない。そのあたりは重々承知の上で、昔は全く思い付かなかったところから別の楽しみ方が見つかったのは素直に良かったと思うし、その内容はこれからもどんどん変化していくと思う。

年齢を重ねて足腰が弱くなるにつれ、当然無理は利かなくなる。が、よく言われる 『山の価値は標高だけで決まるものではない』 という言葉は、『山の楽しみは自分で見つけてこそ価値がある』 と置き換えても案外外れていない、と思い始めた今日この頃。

 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

こんなモノがあったとは!

 
低山に通い始めた頃は火熾し道具(所謂コンロとかストーブと呼ばれる物)を持ち出していたのが最近はそれを止め、代わりに果物を持って行くようになった。日頃好んで果物を食べる方ではないが、加熱せず手軽に空腹感が満たせると同時に水分補給も出来るのが山では好都合で、現在はバナナとリンゴがお気に入り。

バナナを持ち込むようになったのは、これを運動の少し前に食べると足が攣らないという話をいつかどこかで聞いたから。食べ終わって残る皮はその辺に捨てても土に還るのだが、土に還る前に鹿や猪が覚えてしまうので持って帰ることにしている。

一方のリンゴだが、これが下山時にとても便利な食べ物。というのも、僕は子供時分からリンゴのヘタと種以外は芯まで食っていたので、山でリンゴを食べてもゴミ袋を用意しなくて良い。つまり、時短を図るために歩きながら最後まで食べてもゴミが出ないので、身支度の時にリンゴだけザックから出しといて、シャリシャリ齧りながら下山すると(登りで食べると呼吸が苦しい:笑)。



ところが、1つ問題がある。リンゴはさて置いて、ザックの底で長時間揺さぶられるバナナの実が傷み易いこと。一番上に置いてダメージ軽減を図ったことがあるが、寒くなって休憩時に羽織る上着を出し入れする度に一度バナナを出してその辺に置いとくのが煩わしくなり、それ以降一番最初(つまりザックの奥底)に入れている。

その後どうなるかというと、山頂に着いて長時間のストレスから解放されたバナナを見ると、案の定どこか一部が黒っぽく変色しており、剥くとその下にあたる実の部分もベチャッとしてるって例のアレ。最初にパキッと折るあそこ一帯にダメージが及んでいると悲惨で、パキッとやろうとしても大概そこら全体がグニャッと潰れて地獄絵図が展開される(笑)。


アレなんとかならないかな。バナナが丸ごと入るケースがあればいいんだけどあいつヘンな形してるしなぁ…と、こういう時にはとりあえずAmazonに助けを求めてみる(笑)。モノは試しと 『バナナケース』 と打ち込んでみたら…やってみるもんだ。いきなり驚きのブツがヒットした。

     

いやホント、そのまんまの形をした専用保護ケースがあるなんて全然知らなかった。ひと呼んで 『バナナまもるくん』 という名らしい(爆)。


1本ずつ千切って入れる必要はあるものの、一房丸ごと持って登るわけじゃないのでこれで充分。何よりこの見た目に思わず笑ってしまったのと、価格が驚きの282円(2017年1月現在)。こりゃ参った、正月早々楽しい買い物が出来た(^^)。

   

ちゃんとヒンジ部を中心に開いてバラけないのも良いが、まさかストラップホールまで付いてるなんて(笑)。但しデカいサイズのバナナだと入らないかもしれないので、まもるくんに合いそうなサイズを選ぶ必要がある。この画像のバナナはたまたま丁度良い大きさだったが、ヘタ部分が邪魔になるので切り落とし、曲がりがキツかったので多少形を修正しながら入れた(その方が中で遊ばなくて良い)。


まもるくんさえ居てくれりゃもう大丈夫、これで安心してザックに詰められるぞ。けど1つだけ、本物と間違えてまもるくんを食ってしまわないかとそれが心配(間違えるかよ ^^;)。

 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

本当に良かった

 
2016年12月18日、お盆に這う這うの体で引き返した九重連山に再び出向いた。

   文字消し



再開したそもそものきっかけは友人からの一言だった。結果は散々だったが、本当に良かったと思う。

   



もしあの時ここに来ていなかったら、自分の体のことを見つめ直すことはしなかっただろう。

   最後の



続けよう。もう止めちゃいけない。

   



今度は完登。いや、人並みの体力さえあれば特別な技術など無くても簡単に登れる山だから、完登なんて言葉は大袈裟過ぎ。しかし僕は、ここすら登れなくなっているという事実を突きつけられて愕然、その記憶がずっと残っていた。

その記憶を引き摺ったまま、「慌てるな。山は逃げないから」 と自分に言い聞かせながら地元の低山に毎週通い続けること4か月。これの2日前に寒波がやって来たが、過去に経験したここの冬はこんなものではない、まだまだ序の口。それより心配なのは今の自分の体力。今度こそはと士気は高いが、本当にまた登れるのかと内心は半信半疑だった。

そして上のパノラマ画像にある最後のアプローチに差し掛かる。夏とは明確に異なる両脚の確かな手応えを感じた時、ふとこれまであった色々なことが頭の中に蘇ってきた。もうこれから先は以前ほど入れ込むことは出来ないけれど、今度は離れることなく関わっていきたい。


パノラマ画像はスマホ、他はOLYMPUS TG-870。

 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-