秋色写真は…

クルマで通りがかった時、この花曰く 『バケペンと105mmを持って降りて来い!』 でしたね。(^^)

以下、PENTAX 67ll + 105mm + FUJICOLOR PRO400(ND4使用)


モミジは逆光でなくても、背景が暗ければそれなりに鮮やかに写ります。

雨が降れば日射しも柔らかで過度な反射も抑えられ、適度に濡れたしっとり感と共にそれはそれで艶やか。


この日は雨。モミジだからと上を向くとレンズが濡れちまう…と、足元で撮ったセコい紅葉。

散ってしばらくすると変色してきますが、アスファルトの黒さがメリハリの効いた鮮やかな色彩に見せてくれます。

       ~・~・~・~・~・~・~・~・~

昨年は季節感なんぞ無視してモノクロばかりで撮りましたが、最近ポジの写真をアップしなくなったのは、ルーペで見た実像とスキャン後の画像のクォリティ差が余りにも大きいからです。例外として逆光で撮ったモミジなどならどうにかなりそうですが、それ以外の場面は拙者御免仕りたく候と言いたくなるほどベタベタぶっ潰れ画像の羅列に終始するのが目に見えているから。

原版ではちゃんと解像しているにもかかわらずスキャナの性能が追い付かないがために、潰れが酷くて線が太くなった画像を必死こいてレタッチすること自体無意味に感じるんですよね。やはりアレは自分だけで夜な夜な一杯やりながらルーペで鑑賞するのが一番ですよ。

…ということで、結局今年アップする紅葉の写真はカラーネガとなりました。春先に初めてブローニーネガを使って以来、秋が来るのが待ち遠しかったです…しかし、ごらんの通り雨だったんですよ。スキャン画像の色見はそりゃ酷いもので、まぁ派手に転ぶ転ぶ(笑)。撮影だけでなくスキャンも天気に翻弄されて色補正はポジ以上に厄介でしたが、その繊細な解像感と豊富な階調はさすがネガフィルム、やはり一枚上手ですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
様々な色彩の楓の葉が金平糖のようで可愛らしくて良いですねえ!
拝見していてふと、ずーっと昔にみたカラーTVの商品カタログを思い出しました。しっとりとしていて、二枚目の画像・・・ずばり好きです。

No title

shirokuma-nikonさん、こんばんは。
そういえばそんな写真を私も見たような気がします(笑)。
左上から垂れている緑の蔦が無かったら面白くなかったでしょうね。
もう紅葉は終わったろうなぁ…と諦め半分で出かけ、思わぬ出会いが色々あって良かったです。
やはり季節の旬には暇を見つけて出かけなきゃダメですね。
検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-