FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
造り酒屋…かと思いきや、これ実はケーキ屋さんの勝手口。

     20150103-DP3M0106.jpg

年季の入った(ように見える)扉ときれいな壁板がお洒落な雰囲気だが、お店そのものは自分が幼少の頃から既にあったので、おそらく50年近く経っているであろう老舗。

この扉の様子からして、両手で重い物を抱えたままヒジで開けて出入りしているんだろうな。小麦粉とかミルクとか卵とかな、何にせよケーキの材料には違いないだろ、きっと (^^)。ここを通る度に、ホワ~ン…と甘い香りに包まれるのがもうタマランのやて…と想像しただけでほら、ヨダレが出とるで(爆)。

SIGMA DP3 Merrill

       ~・~・~・~・~・~・~・~・~

※ 2つ前と1つ前の記事にある風変わりなビルは、まるで大型船舶の舳先のように見事な三角形を成していたが、1つ前の記事に写っている螺旋階段が気になって仕方がなかった。あの階段を登ればデッキ(つまり屋上)から舳先を眺めたような写真が撮れるかもしれない…と目論んでいたのだ。

ところがあの近辺には駐車場が無く、自宅から徒歩で行くにしても片道30分はかかる場所。出掛けるヒマも無いほど忙しい日々が続いていたのでずいぶん日にちが経ってしまったが、ある日やっとチャンスが巡ってきたのでGRを持って出かけた。期待にハラ 胸を膨らませて階段を登ってみると、上り詰めた最上階フロアに一枚のドアを発見した。

「よし、ここだな」 とノブに手を伸ばし…かけたところでふと横の壁を見ると、インターホンのボタンと郵便受けがあるじゃないか。つまりそれはデッキへと通じるドアではなく、れっきとした居住スペースであり他人の家の玄関扉だった (・・;)…危ねぇ、もうちょっとで開けるところだったぞ(爆)。ガックリ肩を落としながら登って来た階段を下りて他の登り口を探すが見当たらず、写真は泣く泣く諦めざるを得なかった。

そのデッキからの展望をここにアップする予定だったので、他の記事を差し込まなかったというわけ。それが企画倒れとなれば仕方がない、またボチボチ再開するとしよう (^^;)。

   しかし待てよ、じゃぁデッキにはどうやって?…(まだ言うんかぃ)

     …そうか、今流行のドローンなら…(やめんかぃ

 
関連記事

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うむ~、存在感のあるドアですね。
木でできたものって、経年変化で味わいがモリモリと出て来ます。
そこがすてきなんだよなあ、プラスチックには出せない味です。
ここを何人の人が、何回通ったんだろう・・・そんなドラマに思いをはせてしまいますねえ。^^

Re: 黒顔羊さんへ

黒顔羊さん、おはようございます。

使い込むほどいい感じにヤレていくもの…木・金属・革・あとモノによっては合繊以外の布などもそうですね。
今実家で家中の廃棄物整理に大忙しなんですが、使わなくなってもまだ他の用途に応用出来そうだからと処分を躊躇するのは、決まって天然素材から生まれたものばかりです。樹脂や合繊だと割とあっさり見切りをつけて処分に回せるんですよね。

日頃カメラを手にして被写体として選ぶのも、思い返すとそういった天然物をアレンジして出来上がったものが多いような気がします。
検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。