ピンチヒッター

いつもフィルム機と一緒に持ち歩いているコンパクトデジタルカメラ、Canon PowerShot G11 が壊れました。不具合の内容は、背面モニターの真ん中あたりに赤い炎のような斑点が出現するというなんだかよくわからんもので、その斑点の大きさは、背面モニターを上下左右に3分割(9等分)したうちの一つほどで、ほぼ真ん中あたりに現れます。

通常は絵が現れると斑点は分からなくなりますが、写真全体が暗いトーンの場合はライブビュー時も再生中もはっきり確認できるほどで、未だに高画素デジタル機のハイライト部を信用していなくてローキー気味で撮ることが多い私にとっては邪魔で仕方がない。まだ1年経っていないので保証修理OKということで、サービスセンター送りになりました。

で、手持ちのコンデジが無くなって初めて「おっ、これ撮っとこう…あぁそうか、修理中だっけ。意外と活躍しとったんやな」…というパターンが続きました。ちょっとしたショットを撮りたい時にわざわざ中判フィルムを消費する愚行はナシとしても、そんな時こそ手軽なデジタルなんだと思い知らされました。

ふだん中判を持ち出す時、ローライやハッセルなど交換レンズが存在しない・持っていないカメラの場合は小さなバッグ一つで事足りるわけで、そんな時のサブカメラは35mm一眼レフでもいいわけです。しかし、近頃激安レンズ群が防湿庫内に増殖中のバケペンだとDOMKE F2もギュウギュウのおしくらまんじゅう状態で、コンデジにしてはえらくゴツくて重いG11が邪魔くさく感じられることが次第に増えてきていました。

次のコンパクト機を、最初はピンチヒッターのつもりで物色し始めましたが、「この手のカメラって、二つも持つ意味が無いよな。どっちか一つしか使わなくなるのは目に見えているんだから、買い替えちまえ。どうせメモ撮り用だ」と、軽い気持ちで新たなコンパクトデジタルカメラをセール期間中で安かったキタムラで一つ手に入れました。

       〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

しかし驚きました。これがなかなかよく写る。屋内窓際の自然光で、この日の天気は雨。被写体の色、光加減次第ではネガフィルムに似た描写になるな。

段ボールそのままってのがいいですね(^^)。数多く作る物ですから、これだけでも製品コスト低減に一役買ってるはず。


上のカットと同じ場所から外に置いてあるクルマを撮影。

ん〜…恐るべしコンパクト。


例によっていつもの場所で。もう少しでもぼかせれば…とそれが惜しくなるほどの写り。



逆にぼかしたくてもぼかせないのが強みになることもある。


       〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

AとかMなどの基本的な撮影モードすら選べないオート専用のカメラですが、それでもいいと思わせたのは、なによりもデフォルトの彩度・コントラストのバランスが非常に好ましいこと。他のトイカメラ風とかミニチュア風とか遊べる機能のことはどうでもよくて、このカメラで撮れる色が気に入りました。仮に絞り値が選べたとしても、こんな小さな素子だと撮れる写真にほとんど絞り効果は無いですしね。ボディ本体の厚みはさほどスリムではないにしても、電源OFFでほぼ平らな形状になるので邪魔に感じることも少ないでしょう。

Canonとはずいぶん違うリアルな描写にかなりの好印象を持ちましたが、あれほどメモ撮り用と割り切っていたのが、「じゃぁこの上のGXとかGRだとどんなんやろ?」といささか気になり始めたのも正直なところ。さすがにコンパクト系で5万円は躊躇しますが、仮にもう少し大きなフォーマットでレンズ(撮像素子)交換式の同社GXRが、完全なレンズ固定式になって機能を削ぎ落とせばちょっと欲しくなるかも。シグマDP2はJPEGよりRAWでこそ本領発揮らしいのでこれがまた敷居が高く感じられるし何よりエッライ高いし(笑)。

デジタル一眼レフは特に欲しいと思わせる機種もありませんし、流行りのミラーレス一眼とかいうのもチラッと考えはするものの、マウントアダプターとか別売りEVFとかを付けて完全武装しなきゃ面白くないってのもなぁ…とあれこれ色々考え始めると、もうオジサンってのは面倒臭くなっちまうんですよ(笑)。面倒臭くて構わんのならこれまで通りフィルムでガンガン撮ればいいことですし。

目下のところ私にとってのデジタルカメラは、性能なんかよりお手軽お気楽に撮れることが優先される項目ですね〜。(^^)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。更新首を長くして待ってましたよ〜〜!

コンデジはそういう用途で使用されると便利でしょうね。最近は安い物は本当に安いし。

小学生の甥っ子が誕生日に、姉曰く型落ちでカードもセットの激安品、というフジの安いコンデジを買って貰い、私にも見せてくれました。キチンと撮れるのでびっくりしました。

ミラーレス一眼は子供が生まれる前にかみさん様に E-P1 を買いました。私もそれこそメモ代わりに使いますが、やはり背面液晶を見ながらと言うのにが今ひとつなじめなくて、デジタルで気合いを入れて撮る時は未だに K10D がメインです。

最近は K-5 や 645D(買える訳無いけど)と気になる機種もありますが、E-P1 を買った辺りで、毎年新機種に刷新されるデジタルに興味が失せました。

私の場合は、画質もさることながら、フィルムで撮っている手間や緊張感が本当に好きです。まさに(下の記事ですが)趣味を続けて行く上での醍醐味と感じています。

No title

Inagy Takaさん、こんにちは。
メインが中判だと、メモ撮りはコンデジで充分ですね。
ミラーレス+Mマウントレンズも面白そうですが、36x24mmフルサイズを使っていないのがもったいない、どうしても遊び半分に感じるんです。
将来デジタル一眼レフを買うことがあれば、ペンタックスから35mmフルサイズが出たら注目します。
すでに645…じゃない、4433Dが出ているので(笑)、もしかしたらプロトタイプが既に出来上がっていたりして。
検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-