FC2ブログ

2011年 新春登山

 
明けましたねぇ。じゃいきます。(^^)

昨年の元旦は、たまたま行った大分県久住連山で師匠とばったりお会いしましたが、その年末に師匠曰く
『今回の大晦日と元旦は天気が悪そうやから、正月登山は二日にしようと思うとる』
とのこと。最初は行くつもりじゃなかったんですが、長い連休の度にいつもいつもお誘いを断り続けて中判カメラで云々するのもアレなので、今年はご一緒させて頂くことにしました。まぁ登り易い久住連山といえども、一応冬山ですもんね。師匠に何かあったらイカンし(それ逆だろ)。

しかし本当に大晦日から元旦にかけての天気は悪うございました。この分じゃ山は相当吹雪いとるやろな…と思いましたが、二日当日にどれだけ余韻が残るか・雪の量がどれほどのものかは、これまでに数え切れないほど登った山とはいえ行ってみるまでわかりません。

       〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

で1月2日未明、移動中からこれですわ。一応これでも九州の真っ只中です。当然、駐車場はさらに標高が高いため、さらに冷えるだろうと予想されます。

※ 今回の写真はすべて RICOH CX4 にて撮影、珍しやフィルム機は無しです。


で、現着してトイレにGo…あぁ…トイレに行くだけでスノーシューが必要なんか? こりゃ先が思いやられるぞ。



これだけ積雪があると、アイゼンを履いている限りは階段部の段差が無くなるので楽っちゃ楽です。



木々の梢が霧氷で真っ白ですが、よく見ると氷の結晶がとげのように伸びています。



しかし晴れんなぁ。昨年のように山頂だけでもスカッ!と晴れてくれんかなぁ…



…と、お正月の願いは叶うもんだと昨年の登山で確認済みですが、今回のようにルートの途中からこんなことになってくれると俄然やる気が出てくるんですよ。



高地で積もった雪は乾いていて軟らかいため、上手に体重をかけないといきなり腰までズボッ!とハマります。かんじきやスノーシューってのはそういう時に楽なんですが、ルート中の全てが本当にこんな状態なら無ければ命取り。ちなみに私は持っていません。



いや〜気持ちイイ! −10℃前後だった昨年とは打って変わって、今年は−2〜3℃あたりで風がほとんど無かったため、とにかく暑い暑い。
しかし三人ではなく二人ってのがいい、とこのカットを見て思いました。



前日は間違いなく吹雪いたでしょうに、歩いた人がいるんですねぇ。楕円形のが足跡で、小さな丸いのは手に持ったステッキの跡でしょう。圧縮すると風で飛ばされにくいので、こうして形が残ったりします。



ポケットからすぐに取り出せるコンデジは便利だ。(^^)



復路は雲が出始め、同時に気温も下がってきます。



登山口間近です。そういやミニチュアライズってつまらん機能があったな。ちょっと試してみよぅ…


       …ほぉぉ (・o・)…

       〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

昨年にも増して今年は良かったです。終わってからの温泉もすぐに見つかりましたし、恒例の反省会も、元旦ではないのが功を奏して本日から仕事始めというお店もチラホラあったため、心行くまで飲めて素晴らしかった(笑)。

荷物になるのが嫌だったので今年はフィルム機を持ち出しませんでしたが、ガスが出ていた時にはなんともなかった背面モニターの視認性が、後半晴れてから眩しい雪の白さに眼が慣れてしまったあとでは映る像がほとんど見えないのに難儀しました。数年前のD100やD200ではそんな不都合を感じなかったということは、最近の92万画素とかいう高精細なモニターは、こんな時に弱点が露呈するのかもという気がチラッとしています。

もうすぐ連休は終わりますが、こちらの冬は始まったばかり。あれやこれや撮りたいものはすぐに見つかるとは思いますが、いざこういう山歩きをした時に感じるのが、どんどん進行する自分の体力の衰え。これまで撮影に割いていた時間を、これからは少しは登山に向ける努力をしないといけんなぁ。

 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

山岳写真、特に冬山登山なんて憧れの世界ですよ。日常では決して見る事の無い光景で、本当に素晴らしいです。

No title

Inagy Takaさん、明けまして おめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。
“山岳”というほど仰々しい山行ではありませんが、季節的にも花や緑とは全く無縁な世界でありながら、確かに日常では目にすることが出来ない光景が次々に現れます。

これ、晴れたから良かったんですね。
山の天気は良い状態から悪くなる時には、事前に風が強くなって雲の動きで察知出来ることが多いですが、その逆は前触れ無しにいきなりパッ!と晴れますから凄くドラマチックです。

普段の山だとあまり気にしませんが、積雪がある山では無数の雪と氷の情景がこれでもかと出迎えてくれます。
近景で広角パンフォーカスと至近距離のマクロ、遠景で望遠レンズ圧縮描写とやはりぼかし…一眼レフだとそれだけでもレンズ数本になるところですが、コンパクトデジタルなら望遠ぼかし以外ならそれ一つでどうにか対応出来るのが、「登る」ことを念頭に置いたこういう山行の時にはとても助かります。

No title

あけまして おめでとうございます。
此方は雪が少なく穏やかな年末年始でしたが、九州方面は大変でしたでしょうね!・・・走るデリカ(?)からの画像で雪の多さが判ります・・・
今年も中判(たまには35mmでも)の写真の素敵な世界を楽しみにしております。

No title

あけまして おめでとうございます!
それにしても 新年早々頑張っていますね お見それいたしました m(_ _)m
僕も日中のコンデジの液晶が見づらいので外付けファインダーを着けています

No title

shirokuma-nikonさん、明けまして おめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。

仰る通り、まさしくこれは一般公道を走れる国産最強の装甲車、三菱デリカ・スターワゴン・エクシード (たしか)2800ターボディーゼルです(笑)。
しかしこれだけでよく分かりましたねぇ。

こちらの年末年始はめずらしくよく降りました。
久住の雪の量も半端ではなかったですね。
ただ気温は昨年の方が低く、その点では過ごし易かったです。
島根や鳥取では、波止場に繋留している数百隻の小型船舶が雪の重みで転覆したとニュースで盛んに流れていました。

しかし、こちらの寒さなんて北海道の比ではないと思います。
お体には充分お気をつけて、今年もまた楽しく撮りましょう!(^^)ノ¨

No title

yk-jijichanさん、明けまして おめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。
いえ、山に盛んに行っていた6〜7年前ならまだしも、今の私は本人が愕然とするほど情けない状態に成り下がっています。
当時ならちょっと動けば体力も回復して余分3兄弟なんかすぐに落ちてくれましたが、今や立派な中年オヤジとなって新陳代謝は思い切り下がってしまい、同じ運動量でも全く効果は現れません。

ホント、ちょっとさぼっているだけだから…と思っていたのは自分だけで、本格的に歩いて厳しい現実を突きつけられました…と、昨年も同じことを書いているのにまたこう書くってことは、この1年全く進歩しなかったってことですよねぇ(^^;)。

No title

Kgrさん、あけましておめでとうございます~、今年もよろしくです~♪
今年のお正月、九州は雪国になってたみたいですね~、TVで見て「おお~、南国とは思えん・・・」と思ってましたよ。
その中、果敢に登山に挑むとは・・・ほとんど寝正月をしていた私にとって、尊敬以外のなにものでもありません。^^;
しかし、ちゃんと神様は見てるんだなあ、途中から晴れてくるとは。^^
リコーのコンデジ、良い仕事をしてますね~、どっかフィルムライクなんだよなあ。^^
私もリコーのコンデジは昔から大好き、今もGX200を愛用してますよ~♪
ミニチュアライズ、結構それっぽく見えますね~、面白いです。

No title

blackfacesheepさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ハイ、お正月早々しんどかったです…(笑)
最初から晴れているといいんですが、途中からパッ!と晴れると驚きますね。
それ以降の会話も急に弾んでルート中のあちこちから歓声が上がって、山が途端に賑やかになります。(^^)
リコーはキヤノンと比べてAFが少々弱い場面もあって撮るのに時間がかかることもありますが、抑えた彩度が広階調を生んでなかなか好ましい色合いですね。
GX200と迷ったんですが、約2万円の差に負けてこっちにしました(笑)。

No title

年末から正月にかけて、雪がよく降りましたね。
根っからの寒がりなので、こうやってあったかい部屋に居ながら、
すばらしい景色を見れることに感謝。どうもありがとう。

昨年会社のコンデジは、GX200+ビューファインダーを導入。
CANONのG11でもよかったんですが、大きさでGX200になりました。
うまい人が撮るとほんとにすばらしい写りをみせてくれます。

No title

depailさん、おはようございます。
根っからの寒がり…歩くより、もっと自転車の方が寒いでござる(笑)。
雪景色なら街中でも撮れるはずですが、標高の高い場所はちょっと様子が違いますね。
詳しいことはわかりませんが、気圧と湿度の低さが関係しているようです。
目に映るもの全てが新鮮で、何度見ても飽きることがありません。
平日の午後になると人影もまばらで、融け始めた梢の雪が時々パサッと落ちる音以外はシーン…としているんです。
静かでいいですよ。
検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-