良い塩梅

 
これもバケペンで撮ったACROS。

      67Ⅱ+ACR-008


例年10月の日差しとこの日の天気、撮った時間帯と立ち位置がたまたまこうだった、と言ってしまえば確かにそうなのかもしれない。でも、デジタルカメラでもこんなふうに撮れるかな…いや、当然撮れるし、レタッチすればこんな感じに仕上げることぐらいお茶の子さいさいだろう。が、なんかちょっと違う気がする。

良い意味での曖昧さとでも言おうか、見えなくてもいいところまで闇雲に白黒ハッキリつけるのではなく、クッキリとフンワリが良い塩梅で同居するのがフィルムじゃないかな。難しいことを考えるつもりは無いが、そうやっていろいろ想像を巡らせていると、あっという間に時間が過ぎて撮る時間が無くなるのだ(爆)。

自分の中では未だ答えは出ていないが、これまでデジタルカメラを扱った時には不思議とそんなことは考えなかったな。


PENTAX 67Ⅱ + 75mm + FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS(EPSON GT-X970)
ミクロファインでレシピ通りに現像

     ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ところで久しぶりに使ったバケペンだが、長期間使わない時はいつも電池を外に出して、カメラと一緒に防湿庫内に転がしている。今回の電池は取り出してから少なくとも1年以上放置していた物(ということは、いつ購入した物なのかさっぱり分からん)だが、再使用してそのまま120を3本撮り切り、今もそのままスタンバイ中。

   

見た目のイメージからさぞ大食漢だろうと思いきや、実は意外なほど小食なオバケなのだ(笑)。

 
関連記事

テーマ : カメラ機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-