雑木林の雪景色(2011.02.08)

 
街から離れ、一人山の中へ。(写真はクリックで拡大します)



静寂の中に身を置くと、もうこのまま帰りたくなくなります。



こりゃ雪下ろしが大変だ(^^)



そして「あれ、もうこんな時間か。まだ撮り足りんなぁ…」と後ろ髪を引かれつつ、

「また来れるかな…ぜひ来たいねぇ…きっと来るぞ」→と、来たい三段活用で締めくくる。


       〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

撮影は2011年1月23日/大分県九重連山、長者原ルートにて。
全てPENTAX 67Ⅱ + FUJICOLOR PRO 400 + 105mm/165mm。この撮影の時にシャッターチャージのトラブルが頻発しまして、120フィルムx3本(30カット)中、カラ送りが合計6カットもありました。そしていいタイミングで見積の連絡も入り、約44,000円也。 (・_・;) …

一つ前の67 TTLに買い換えて…いやいや、買い足すことはあっても代替なんて絶対にしません。非常に思い入れのあるカメラです。部品供給の心配が無い今のうちに、トラブルというトラブルは全て出し尽くしてやろうという思いを込め、修理着工を快諾しました。

俺は待ってるぜ。戻って来たらトコトン使うたるから、そのつもりでしっかり養生しなさい。(^^)

 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

67 の件ご愁傷様です。でも¥4,400 掛かっても、まだ治せるから良かったですね。親父のLXもそろそろ一度オーバーホールに出さないと、何かあった時には手遅れになるかもしれんと最近思っています。

津和野の写真でも思ったのですが、こちらの雪写真は何故か爽快感があって、見ていてとても気持ちがいいです。雪の質感も伝わってくる様で本当に素敵ですね。ってこのまま帰りたく無くなって居残ったら凍死しちゃいますよ(笑)

No title

Inagy Takaさん、おはようございます。
…44,000円です(笑)。
しかしこれまでそれなりに使い込んできたのは誰あろうこの私ですから、少々修理代が嵩んでも簡単に手放しちゃいけないと思うんですよね。
まだ面倒を見ていただけるだけでもありがたいですから、この際お世話になろうと決めました。

爽快感…駐車場から撮影ポイントまで歩いている時、確かにそうでしたね。
とにかく静かで、時折小鳥が巣箱に出入りするんですがそんな時に限ってシャッターが切れない…参りました(笑)。

No title

おぉ! これはお久しぶりです。
あけましておめでとうございます (^o^)。

九重ですかぁ…いいなぁ…と、つい先日行ってきたばかりなのに、あそこは何回行ってもいい所です。
いい山はたくさんありますが、久住山が最も歩き易くて歩行中の展望も最高だと思います。
取り付き(登山口)は『牧の戸峠』で、やまなみハイウェイで最も標高が高い1330m地点がスタートになります。
久住山山頂が確か1787mなので標高差は約460m、そう考えると気が楽になるでしょ?(笑)。
取り付きから山頂まで、普通におしゃべりしながら約4時間前後、往復でおおむね7時間強というところでしょうか。

私は秋~冬が好きですが、世間一般ではやはり春が最も人気があるようです。
新緑と花と鳥、朝は寒くても日が昇れば暖かく、山がいっせいに芽吹く春は確かに命の息吹を感じます。
が、人が増えると同時にゴミも目に付く季節ですので『ひとり3個は拾って帰るばぃ!』…を目標に、ですね (^^) 。
検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-