こんなモノがあったとは!

 
低山に通い始めた頃は火熾し道具(所謂コンロとかストーブと呼ばれる物)を持ち出していたのが最近はそれを止め、代わりに果物を持って行くようになった。日頃好んで果物を食べる方ではないが、加熱せず手軽に空腹感が満たせると同時に水分補給も出来るのが山では好都合で、現在はバナナとリンゴがお気に入り。

バナナを持ち込むようになったのは、これを運動の少し前に食べると足が攣らないという話をいつかどこかで聞いたから。食べ終わって残る皮はその辺に捨てても土に還るのだが、土に還る前に鹿や猪が覚えてしまうので持って帰ることにしている。

一方のリンゴだが、これが下山時にとても便利な食べ物。というのも、僕は子供時分からリンゴのヘタと種以外は芯まで食っていたので、山でリンゴを食べてもゴミ袋を用意しなくて良い。つまり、時短を図るために歩きながら最後まで食べてもゴミが出ないので、身支度の時にリンゴだけザックから出しといて、シャリシャリ齧りながら下山すると(登りで食べると呼吸が苦しい:笑)。



ところが、1つ問題がある。リンゴはさて置いて、ザックの底で長時間揺さぶられるバナナの実が傷み易いこと。一番上に置いてダメージ軽減を図ったことがあるが、寒くなって休憩時に羽織る上着を出し入れする度に、一度バナナを出してその辺に置いとくのが結構煩わしい。結局、一番最初(つまりザックの奥底)に入れている。

その後どうなるかというと、山頂に着いて長時間のストレスから解放されたバナナを見ると、案の定どこか一部が黒っぽく変色しており、剥くとその下にあたる実の部分もベチャッとしてるって例のアレ。最初にパキッと折るあそこ一帯にダメージが及んでいると悲惨で、パキッとやろうとしても大概そこら全体がグニャッと潰れて地獄絵図が展開される(笑)。


アレなんとかならないかな。バナナが丸ごと入るケースがあればいいんだけど、あいつヘンな形してるしなぁ…と、こういう時に助けを求めるのがAmazon(笑)。モノは試しと 『バナナケース』 と打ち込んでみたら…やってみるもんだ。いきなり驚きのブツがヒットした。

     

いやビックリ、そのまんまの形をした専用保護ケースがあるなんて全然知らなかった。ひと呼んで 『バナナまもるくん』 という名らしい(爆)。


1本ずつ千切って入れる必要はあるが、一房丸ごと持って登るわけじゃないのでこれで充分。何よりこの見た目に思わず笑ってしまったのと、価格が驚きの282円(2017年1月現在)。こりゃ参った、正月早々楽しい買い物が出来た(^^)。

   

ちゃんとヒンジ部を中心に開いてバラけないのも良いが、まさかストラップホールまで付いてるなんて(笑)。但しデカいサイズのバナナだと入らないかもしれないので、まもるくんに合いそうなサイズを選ぶ必要がある。この画像のバナナはたまたま丁度良い大きさだったが、ヘタ部分が邪魔になるので切り落とし、曲がりがキツかったので多少形を修正しながら入れた(その方が中で遊ばなくて良い)。


まもるくんさえ居てくれりゃもう大丈夫、これで安心してザックに詰められるぞ。けど1つだけ、本物と間違えてまもるくんを食ってしまわないかとそれが心配(間違えるかよ ^^;)。

 
関連記事

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-