FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1-2 消せない


デジタルカメラで撮った画像を、PCに転送し終わった。さて、メモリーカード内にある元画像をどうするか。

僕の場合、さぁ撮りに行くぞと気合を入れて撮った“風景写真”(ま、いわゆる作品撮りの類)は、ファイルサイズも大きいので転送し終われば消す。一方、スナップも含めてメモ代わりに使っているコンパクトカメラの画像は、よほどの大失敗でない限りはまず消さない。逆じゃない、いつもこうしている。

スナップ・メモ撮り画像って、特別に凝った作品に仕立てようと狙っていないからか、それとなく訪れた瞬間が何ともいい具合に撮れていることが多い。ところが、そういう類の写真は作品撮りを気取った中には1枚も無いんだな。無い割には似たようなのばっかだから、また撮れそうな気がする(笑)。

   G2000026.jpg

長く使っているコンパクト機だと、数年前のカットが未だに平気で居座っている。というより、古ければ古いほど消せなくなる(笑)。もちろん、カードが壊れたらその時点で全ての画像がダメになるリスクは確かにある。

だからこそ、そんなしょもない写真でもしっかりバックアップを取っており、その上で消さないだけのこと。溜められるだけ溜めるつもりで使っているが、フィルム入れっ放しより全然イイと思う(爆)。

家のパソコンを立ち上げなくても・タブレット端末を持ち歩かなくても、手元にカメラさえあれば出先でも観賞出来るんだもん…そうだ、タブレットがあればそっちにもバックアップを…(もういい)

     ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

無理して消す必要は無い、これを続けてみようと意識し始めたのは、2014年にマップカメラの通販で買った中古のRICOH GRがきっかけ。当時の僕は、コンパクトデジカメならではの「再生ボタンから本体の電源をON出来る」機能にいたく感心していた初心な少年だったので(笑)、そのGRでもそれが出来るのか早速試してみた。

めでたく立ち上がったのは良かったのだが、カメラのモニターに何やら画像が映し出されている。「おかしいな? まだ1枚も撮ってないのになんで絵があるんだ?」…と拡大してみると、大きなガラスの陳列棚に所狭しと並べられたカメラの群れが写っている。

これってもしかして、遠く離れた東京にあるマップカメラの店内風景じゃないのか? おそらく、中古品の出荷前に動作チェックをした時の画像が内蔵メモリーに記録され、消し忘れたまま僕の手元に届いたんだろう。

当然、僕が撮った画像ではないので消すか…とその時はゴミ箱ボタンを一度押したものの、二度目の本消去寸前で思い留まった。西日本の片田舎で暮らしている僕が、マップカメラの実店舗を訪れることなんて一生無い。しかしこれを消したが最後、もう二度とこの画像は拝めなくなるわけだ。

そう考え始めると、確かに他人が撮ったものではあるけれど、とても貴重な画像に思えてきた。この際だから、これは残すことにしよう。更には、誤って消すことが無いようにと、その画像にロックを掛けたのがコトの始まり。

僕の手元にやって来たその後のGRは、ある時は焼き鳥屋で・またある時は居酒屋で・時にはスナックで・たまにはバーで大活躍(飲み屋だけかぃ)。

   G2000030.jpg

一杯飲みながら背面モニターで順に鑑賞している時は、そのマップ店内の画像が出てきたら『振出しに戻ったよ』と教えてくれる、いわば表紙の役目を果たしてくれている。


     ~・~・~・~・~・(続く)・~・~・~・~・~

 
関連記事

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。