FC2ブログ

繋留ロープ

 
さて、カラー写真で綴るこの春の港シリーズもそろそろ最後にするべく、今度はロープの写真をアップしてみます。船を岸壁に繋留しているあのロープですから、港なら世界中どこに行っても必ず見ることが出来ます。2枚しか撮りませんでしたが、それぞれ元画像の縮小版と元画像の一部を拡大トリミングしてみます。


これは小さな船を係留しているロープ。係船柱はただの突起みたいな形だ…よくこれで外れないな。



しかし港湾内の更に奥の方で波が来ないので、小舟ならこれでいいかも。



こちらは少し大きな船。係船柱の上部は引っ掛かり形状ですね。



ロープそのものもずいぶん太いです。ところでこの編み方どうすんだっけ?

若い頃誰かに教わって、ヒマな時に端をほどいてはこうして輪を作って遊んでましたが、もう忘れました。そういえば釣り針の外掛け本結びやサルカンの結び方、石鯛釣りのワイヤー仕掛けなんかも…いつの間にか忘れたなぁ…

1枚目=PENTAX 67Ⅱ + 55mm/3枚目= 同 105mm
フィルムはどちらもKodak Professional Portra 160NC
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一枚目、二枚目のボラード、風化具合が魅力たっぷりですね~♪
昔はボーイスカウト、ヨット乗りでしたので、こういうロープを見ていると懐かしい気分になります。
しかしこの立体的な写りは・・・さすがにばけぺんですね~^^v
コンデジで記録として撮った写真もそれなりに綺麗なんですが、ばけぺんで撮った写真は記憶として心に響くような気がします。^^

No title

黒顔羊さん、こんにちは。
ヨットマンでしたか。
さすが、係船柱のことをボラードと言うんですね。勉強になります。
小さい方は中にある鉄筋の先端が出ていたので、是非撮らねばと思いました。
こういうカットでもちゃんとボケてくれ、絵作りそのもので“記憶”をより鮮明に留めておきたい大切な道具として中判カメラは本当にありがたい存在ですね。
しかしこのポートラ160NC、こうして普通に穏やかな発色のままでいてくれるととても良いフィルムなんですがねぇ…
「頼むからじっとしてろよ。目ぇ覚ますんじゃないぞ…」と願いながら撮るのって疲れますね(笑)。
検索フォーム
プロフィール

kgr

Author:kgr

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-